住居表示台帳管理システム
~GISを利用した住居表示台帳の電子化~

日常業務において、住居表示台帳が適切に更新されていない、度重なる修正により劣化が激しく台帳が見づらい、住居番号の設定通知書・設定証明書・実施証明書等の発行事務に時間を要してしまう、情報公開請求に対して多くの時間が費やしてしまう等、住居表示に関する事務処理にお困りの自治体様向けにコンパクトで運用し易い住居表示管理システムを提供しております。
 特に、紙ベースの資料にて住居表示登録の有無や所在確認を行われているようなケースでは、事務の改善を図る上でも弊社の住居表示管理システムをお薦めいたします。

よくお問い合わせいただく内容
・街区数が多く、現状の紙台帳管理だと情報開示請求への対応が大変…
・複数の場所(支所等)で管理しているので、連携が取れずに困っている…
・災害対策として電子化を考えている   etc…
↓↓↓
「導入したいけれども、初期費用が高くて予算が通りそうにない…」という場合であっても
自治体様の状況に応じたご提案で、導入を行えるように全力でサポートいたします。

システムの主な機能

  • 住居表示台帳図の登録・編集 
  • 証明書及び通知書の一括発行
  • 既存資料のファイリング
  • 住居表示台帳図一括出力
  • 街区表示板、住居番号板等の在庫管理

システムの一部ご紹介

画面 メインメニュー
特徴 画面に向かって左側が地図に関連する項目、右側が証明書等に関連する項目に分かれており、分かり易い構成になっています。
画面新築届の新規登録
特徴新築届、移転届等については、必要な記載事項を登録することにより、通知書や証明書が発行できるようになります。対応記録機能もあり。